Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

グローブとブーツを新調

実用性重視はOSSANの証拠

先に行った東北雨天ツーリングで4年使ったグローブがお亡くなりになったので、グローブとついでにブーツを新調してしまいました。独身貴族万歳です。

今まではグローブ・ブーツともに実用性よりも見た目、「トラディショナルな」観点で選んでいました。が、もうそろそろ実用性重視でいいやんけっということで、今まで見向きもしなかったバイク専用の用品をそろえることにします。

グローブはアルパインスターズ SP-2にしました。
チョイスの理由は・・・プロテクション性能がどーたらとかではなく、単純に手にうまくフィットしたからです。
私の手は手のひらの割りに指が短いので、Lサイズだと指が余り、Mサイズだと手のひらがキツイのです。が、SP-2はLサイズでは比較的指が余っても操作上問題が無いようでしたので決定としました。
実際装着してすぐ手に馴染んだ(こんなに早く馴染んだグローブは初めてです)ので、GOODです。

ブーツはガエルネ G-RWにしました。
チョイスの理由は・・・最初はグローブがアルパインスターズだったので同じブランドで統一しようと思ったのですが、超偏平足(4EEEでもちょっときつい)な私にとってきつすぎ、スニーカーが26.0で丁度良いのに27.5でもきつく、それ以上は店に在庫が無いのであきらめました。指があまりまくりだったし。
んで、お勧めされたのがガエルネのG-RWです。そもそも型が日本人専用に作ってあるのですんなり履けました。
ただ、私は左右で0.5ぐらいサイズが違うため(右のほうが小さい。利き足は右なのに?)左足が少々きつまなので中敷を取っ払いました。
特筆なのは「歩き易い」ことです。レーシングブーツなので歩行はあんまり考慮されていないと思ったのですが、今日諸般の事情で40分ほど歩きましたがそれほど違和感はありませんでした。
試着したアルパインスターズのSMX-Rは「20年前のスキー靴か!?」と思うほど足が完全に固定されました。まあ馴染めば違うと思いますが・・・
走行中は・・・まだ慣れていないのでアレですが、フットブレーキがしにくいですね。思いっきり踏んでしまうか、ほとんどかからないか。まあ慣れの問題でしょうけど。
欠点は・・・なんですかこの「G」は。

さて、折角おろしたてのグローブとブーツを装着してツーリングに行ったのですが・・・後述。
広告を非表示にする