Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

タイヤをDIABLO ROSSO CORSAに変更しました

ようやくタイヤの交換です

久しぶりの更新です。約2ヶ月ぶりにムルティに乗りました。
現在装着されているタイヤは、中古で購入時からついていたミシュランのPilot Road 2CTですが、納車から10,000km以上走行して大分減ってきたのと、いつ生産されたタイヤなのかいまいちわからないため、交換することとしました。

第一候補は、メッツラーのSportec M5!
久しぶりにハイグリップタイヤが履きたくなり、以前乗っていたTRX850のときは何度も履いていたお気に入りタイヤのM3の後継です。
ところが、ウチから最も近いタイヤ屋の「マッハ」では取り寄せのみ。
今日は台風が接近しているので、普段は数時間待ちのマッハでも待ち時間なしで装着できる、ということもあり、
在庫があった「DIABLO ROSSO CORSA」にしました。
ちょっと高いですがね。

んで、久しぶりにエンジンを掛けると、元気にセルが回ってくれます。
おお、幸先が良い!
ま、5分ほどしか走らないんですが・・・

マッハに到着し、早速作業してもらいます。
客は私だけで、やはり台風の日にタイヤ交換に来る物好きは少ないようです。



作業中、さっそくピットから連絡が。
「タイヤバルブがだめになってますよ」
なんでも、DUCATI純正のアルミ製バルブは、空気を入れる際の力加減がおかしいと空気の入れ口が変形してしまい、いつ空気が抜けるのかわからない状態になりやすいのだそうで・・・
しょうがないので、汎用品の鉄製バルブに交換してもらいました。
かっこ悪いですが、実用性重視ということで・・・

んで、また待合室でタバコをすっていると、受付のおねーさんが、
「お客さん!英語できます!?」と焦った様に聞いてきます。
「ちょっとだけなら・・」と、代わりに電話に出ると早口のアメリカ人が英語でいろいろまくし立ててきます。
どうやらBT-003の在庫を確認したいようなのですが、タイヤサイズが聞き取れず、「とりあえずメール送れ」と話して終了。
そんなことがあったのか、代金を少しおまけしてもらいました。


インプレっつても1kmしか走っていないのでインプレも何もないですが・・・

軽い!走り出して思ったのは、とにかく挙動が軽いことです。
磨り減ったPR2ではちょっと大げさに体重移動して曲がる感じでしたが、
体を傾けただけで曲がり始めます。
直進安定性が・・・ま、そりゃハイグリップタイヤにしたので、直進安定性が少なくなっています。

1km走っただけだと、これが限界です・・・
ツーリングに行ったらもうちょい詳細のインプレやります。

走行距離:19,012km




広告を非表示にする