Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

レーシンググローブの洗濯

約5年前にいま使っているグローブ(アルパインスターズ SP-2)を買い、陰干ししたりオイルを塗ったりしていたのですが、手首のところの革が破けたり、小指のところに穴が開いてきたりなど、そろそろ限界が近づいてきました。

で、 ボーナスも近いので新調しようとも思ったのですが、馴染みきったグローブをそのまま捨てるのも勿体無いので、起死回生のため禁断のグローブの洗濯をやってみました。もはや剣道の小手の香りがしていたし。
ちなみに、このグローブは「洗濯不可」。ダメだったら諦めて新しいグローブを買います。たぶん同じSP-2を。


手順1:洗浄


洗面台に冷水(重要!お湯厳禁)を張り、 とりあえず良い感じに泡立つぐらい中性洗剤をぶっこみ、グローブを沈めます。
これで、5年弱溜まり溜まった汗や皮脂を溶かします。
この状態で5分ほど放置し、水シャワーでよく濯ぎます。
ちなみに、濯いでる最中に小指の所に穴が開いているのを発見してしましました…

手順2:オイルの仮馴染ませ

そのまま乾かすと革がパリパリになって即ゴミ箱行きの危険があったため、オイルを仮で馴染ませます。
使用したのはマイスターミニットのクリーム。単純に持っていたからです。
ちなみにベビーオイルとかも良いらしいです。

んで、こいつを・・・
洗面台に張った少量の冷水に入れて、混ぜます。

クリームなので、冷水によい感じに溶けます。

で、さっき洗ったグローブに馴染ませます。
ちなみに、写真では明らかに少なかったので、この後オイルと水を追加しています。
また5分放置したあと、良く濯ぎます。
濯いだ後、洗剤で洗った直後よりも革がしっとりしているのがわかります。

手順3:乾燥

水濡れして革が弱くなっているので、絞ったり乾燥機や脱水機を使うのは厳禁です。

ここは、いらないタオル(色落ちするため)で挟み水気を取ります。

あとは陰干しをします。
最初の12時間後ぐらいの生乾きの時に、念のためオイルを軽く馴染ませます。
24時間で完全に乾くと思います(今の時期ならね)。


結果・・・さすがに新品なわけは無いですが、かなり綺麗になりました。
匂いの方も抑えられ、良い感じです。

あと2年ぐらいは使いたいですな。





広告を非表示にする