Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

初秋の奥飛騨ツーリング 1日目

家族サービスは旦那の(略

シルバーウィークなので、2015年9月19日~21日までの2泊3日で、嫁と友人の子ぐま兄貴(隼)の3人で奥飛騨上高地キャンプツーリングに行ってきました。
地獄の大渋滞が予想されるため予定は押し押しです。
あっ、あとSJ4000の初デビューとなりました。走行中の写真は全てSJ4000の動画をキャプチャしてます。

↓↓ルゥゥゥトァァァァ↓↓

出発

珍しく前日早く帰れたのでトップケースにキャンプ道具詰めまくって準備完了。
今回は2人分の荷物なので寝袋なんかは入る訳もなく、現地でレンタルすることにしました。
更に言うとテントは10年以上前に買った2人用超小型テント。
やはりパニアケースの導入を検討すべきか。

んでもって6時起床8時出発。今日はとっても良い天気!

関越道

ちゃちゃっと関越に乗ったら予想通り大渋滞…
とは言え東松山IC先頭に25km渋滞なのでまだマシなほうか。

1時間半かけて渋滞を抜けて上信越道に乗る。

甘楽PAで子ぐま兄貴と合流。インカムで夫婦喧嘩を堪能してもらう。

下仁田ICで降りてこっからは下道です。富岡製糸場とかいうがっかりスポットは当然ガン無視。

国道254号(姫街道

 国道254号を走って佐久平を目指します。ああ~田舎道は緑が多くてええですなぁ~

佐久市に入るとどうやらコスモス街道とかいうイベントをやっている模様。
おもてなしの一種らしいがバイクの場合香りもないので通過。

昼メシ

欠食児童状態の子ぐま兄貴が腹減った腹減ったとウルサイので、てけとうに蕎麦屋を探す。ラメラメの女子ハーレー軍団がいるなぁ…
さあメシにすんべぇかとバイクを降りた時に悲劇発生。

嫁が履いてきた前世紀の遺物のホーキンスのトレッキングシューズが突然死。
経年劣化で加水分解起こしている状態で一年ぶりぐらいに履いた結果がこのザマ。
後で靴屋さんに聞いたところによるとこういうことは結構あるらしい。

ちゃちゃっとソバを手繰って、しょうが無いので靴屋がある方向を目指しルート変更。
和田峠を超えて塩尻を目指します。

和田峠

 道が狭くて路面もガタガタだなぁ…と思ってたら
嫁「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!(略」
道路がガッタガタで穴ぼこだらけでしかも木漏れ日で見えにくい場所でNC700Xが上下方向に揺れまくりで嫁を上下方向に激しく揺すった模様。反省してます。

塩尻

ワイ「おっ!黃信号やんけ!止まったろ!」
対向車「ブーン」

白馬のCB1300P王子様「警察だ!」

そういや秋の交通安全週間だったっけ…クワバラクワバラ
あっ、塩尻では靴屋さん見つけられなかったです。

松本

ようやく靴屋さんを見つける。
とりあえず汎用的に履ける靴ってことでコンバースのオールスターのハイカットを嫁に買い与える。
なにやら下取りフェアをやっているらしく、突然死したホーキンス兄貴は200円で引き取られていきました。死してなお利益を与えるホーキンス兄貴に敬礼。

いざ奥飛騨

気がつけば16時を回ってしまっていました。
この時期だと18時には日が暮れてキャンプ設営が困難になってしまうので今更ながら焦りだす。
というかそもそもキャンプ場のチェックインは17時までだすぺ?

シルバーウィークだけあって上高地奥飛騨に向かう国道158号の交通量がめっちゃ多い。
なので全然ペースが上がりまへん…

 16:35に安房峠トンネルに到達。ギリギリかな…

16:50、キャンプ場手前のスーパーで嫁を下ろす。
ギリギリセーフでした…

 暗くなる前に全力で設営!

子ぐま兄貴がフルパニアにバーベキューセットを持ってきてくれたので、飛騨牛でバーベキューで本日は終わり!

本日の走行距離:300km
総走行距離:16,855km

広告を非表示にする