Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

梅雨の晴れ間のショートツーリング

結論:風邪の引き始めはツーリングで治る

梅雨入り初のツーリング

今日は週末までの予報がハズレ、晴れるということでどっかに行こう!と考えていましたが、土曜夜から喉が痛く、夜中には熱も出て明け方にピークを迎えたような状態でした。
しかも木曜日に胃腸炎をやらかし、体重も2日で-1.5kgという最悪の体調となってしまってました。
が、12時頃目を覚ますとのどの痛みはだいぶ引いており、熱も平熱に下がっていたのでツーリング決定です。

ルート↓↑↓↓

今日は嫁は友達数名と飲み会なので夜は遅くてもOK!
というので当初予定してた赤城高原&金精峠&いろは坂にでも行ったろかと思いましたがあまりに無謀なため断念。 出発が13時じゃあね…

というわけでお決まりの関越道→東松山IC→定峰峠→秩父→山伏峠→名栗湖→瑞穂→八王子IC→中央道→東京のルートに決定。200km。




定峰峠


近年某ロードバイク漫画の影響か、数年前まで皆無に近かったロードバイクがうじゃうじゃ。
元々オートバイの定番スポット(ホントはイニDの舞台の一つ)でもあり、交通量はバイク2:ロードバイク2:車1ぐらいの割合で大変カオス。
現在は道がかなり狭く、場所によってはセンターラインが消失。
コーナーも一定の角度ではなく、途中で急になる初見殺し。
しかもハイカーも路肩を歩いており、登りのロードバイクやらなんやらで、とてもじゃないが飛ばすような峠ではないです。

峠に到着。いつもだったら峠の茶屋でソバでも手繰るのですが、今日は昼飯を済ましているので省略。バイクは20台以上止まっていたかな…

峠の紫陽花はまだまだの模様。定峰峠って紫陽花だらけで梅雨時は綺麗なんですよ。



峠を越えると東秩父村から秩父市に。
基本眺望は悪いですが、数少ない綺麗スポットはあります。

秩父市

基本通過するだけの市。街中めっちゃ混んでるからショーガナイっちゃね。
雲行きと言い、遠くの武甲山の不気味さが半端ないです。
というか、武甲山の向こうが行き先なんですけど、雲行き怪しくないですか?

R299に入り、青梅市を目指します。既に雲行きが悪く、気温22℃。って東京出るとき31℃だったんですけど…

山伏峠

(ほぼ)完全2車線のワインディングロード。
テクニカルコーナーが続き、登りも下りもこりゃ楽しい!タイヤもGPR300にして極めて曲がりやすくなったのでコーナリングが大変楽しい!(純正のBT-023がひどすぎるとも言う)
ようやくNCで慣れてきたブリッピングを連発して人間DCTを目指しますが、大体ギア落としすぎて再加速に失敗しますがまあご愛嬌か。
走りに集中しすぎて写真はなし。


名栗湖

定番スポット。とはいえ前回来たのは3月中旬なので3ヶ月ぶりか。
空模様は今にも降り出しそうですが。
ちなみに山伏峠から名栗までの道は、イノシシが高確率で出没するような場所なのに、白バイが出没したことが3回ありますので要注意!

瑞穂町

流石に疲れた…
ロキソニンはとっくに効果が切れてますが喉の痛みはなく、痰と濃い鼻水が出ます。
ツーリングで見事に風邪を改善できた模様です。

帰宅

なんとか明るいうちに帰宅完了。
さっき山伏峠で大口叩いてたのにこのアマリングはなんでしょうかねぇ…

本日の走行距離:200km
総走行距離:14,139km







広告を非表示にする