Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

納車前の葛藤

新しいバイク欲しい欲しい病に感染


2008年からの新規制がかかるといくつものバイクがラインナップから消えそうなので、その前に。

候補①
HONDA VTR1000SP-2
ホンダ最後(多分)のV2ホモロゲバイク。
2002年に設計終わってるのに'07モデルが発売されるというのは奇跡。
'08規制で速攻消えそうなので第一候補。
147万円

候補②
Aprilia RSV Mille Factory
'07モデルは225万円ですが日本では不人気なのか、'04モデルの売れ残りがなんと140万円。
でも外車か・・・イタリア製か・・・

候補③
Triumph Daytona 675
脅威の変態3気筒。でも17000rpmまで回るキチガイバイク。
これも外車か・・・英国車だけど・・・
でも価格は120万円と一番安い。

次の車検(5月)までに考えよう。



追記:
住んでいる所の都合上、いくつかNGが。
①幅広のバイクはNG(駐車スペースが狭いため)
②ミラーが折りたたまれないとほぼNG

つか、②の理由でMilleは除外かも。

今乗っているTRXも、あと1万キロ以上乗るなら以下の箇所にお金を掛けないとだめということも想像。

・クラッチの修理(3万円)
・リアサスペンションのオーバーホール(3万円)
・フロントサスペンションのオーバーホール(3万円)
・ブレーキホース交換(2万円)
・チェーン一式交換(4万円)
計15万円

107万(引くことの下取り10万)で新車か、
15万払って4万キロの中古車乗り続けるか。

結局・・・

VTR1000SP-2でもなく、Dytona675でもなく、
RSV Milleでもなく、先週散々言ってたtuonoでもなく、



"DUCATI MULTISTRADA 1000DS"
(ムルティストラーダ)に決定!色はブラック。

選定理由:
・アップハンドルで楽チン
・tuonoは冷静に考えるとデザインが変
・2気筒
・予想外に安い
・じゃり道も走りたい
パニアケース付きで荷物も楽!
・サーキットも走れるオールラウンダー

で、込み込み116万円。

TRXは11万円で引き取られていきました・・・
「エンジンも快調ですし、外装もきれいですね!」
ああ、寂しいかな。さようならTRX。

納車は2週間後なので、そのときまでバイク無しです。
広告を非表示にする