Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

終わりなき(猫との)戦い

野良猫たちよ、永遠に

私が住んでいる地域は野良猫がたくさん住んでいます。
で、私個人猫が好きなのでよく愛でているのですが・・・

先日バイクカバーをめくったところ、!!?

シートに猫の毛が・・・

カバーはほとんどバイクに密着しているので、おかしいと思ったら、カバーと乗車シートの間のわずかな隙間にもぐりこんで暖を取っていたみたいです。。。
そりゃバイクカバーの中なら雨風防げてしかもあったかいでしょう。。。

でもムルティのシート高は850mm。
恐れていた通り、シートの脇につめで引っかいた跡があり、ピンホールほどの穴が無数に・・・

というわけで猫対策を本格的に考え始めました。
ただし猫好きなので猫を傷つけない方向で。

猫が入れないようにするそもそも微妙な隙間があるから猫が入るので、隙間を埋めてしまうのがベストでしょうか。

とりあえずカバーの上からシートの上付近にゴミ袋に水を入れたものを乗っけて重石としました。
しかし中身が水だけに不安定。
猫が触れた場合ブービーとラップともなるので良いのかもしれませんがまた乗っけるのも難儀です。
今度ツーリング先で小さい土嚢を作成して乗っけようかと思います。


猫を近づけないようにする猫が嫌がるような匂いを散布するという手を思いつきました。
最高なのはライオンの糞だそうですが、動物園につてが無い限り手に入りそうも無く、しかも置いたとしてもMultiが臭くなるのも嫌なので、これは却下です。
とりあえず思いついたのは以前お土産で貰った北海道名産ハッカスプレーです。
猫はハーブ系の匂いが嫌いだと聞いたので、ライオンの落し物臭くなるよりはハッカ臭い方がはるかにマシなので、決行です。

で、早速散布。
シュッシュと5・6回散布しましたが、散布している本人の目がやられそうです。
これは効きそうですがどこまで持続するかは未知数。。。

というわけで、とりあえずの対処をしましたが効果があるかはまた後日。
広告を非表示にする