Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

2015GW 後半戦 1日目

2015年のGW後半戦は毎年恒例、長野・群馬ツーリングです。
今回は友人3名の計4台でのツーリングです。
なお、嫁は風邪を引いてしまって残念ながら不参加。というか原因は前半戦ですな…スマン嫁よ。

2015年5月7日

世間的にはGWは終わり、気合で出勤されている方が多いと思いますが、サボリーマン4人組は有給を取得し平日泊まりツーリングです。

さて、直前まで嫁を連れて行くか逡巡していたので出発は10時30分と非常に遅く、しかも集合場所の「しなの鉄道信濃追分駅」には15:00までに到着しなければならなかったので、関越に乗った後もルートを検討していました。

 寄居PAでまいたけ天そばを食いながらルート検討。
理論上、本庄児玉ICで降りてR462→R299→下仁田→軽井沢ルートならギリギリ間に合う??ということが判明。
間に合わなくてもどうせみんな約束の時間に間に合わないよね?という後押しもあり、せっかくなのでそのルートを走ることにしました。



新緑の神流湖沿いの道は平日なのもあって交通量がほぼ無く、快適なワインディングです。

が、道路工事が多数実施されており、信号で結構待たされます。
場所によっては砂利道になっている箇所が!NCでオフロードを走るのは初めてだったのですが、今まで乗った大型バイク(TRX、Multistrada1000・620)の中では圧倒的に運転しやすいです。低重心のおかげでしょうか。

 神流町では「これでもかっ!」というぐらい大量の鯉のぼりがかけられていました。
正直、やりゃいいってもんでもないと思いますが、その量は圧巻です。

時間がないので休憩なしで一気に信濃追分駅に。
到着時刻は14:55、ギリギリセーフです。

大方の予想通り約束の時間には誰もおらず。LINEには「一時間弱遅れま~す(^^)」といったメッセージが入っておりました。
よりによって通り雨で信濃追分付近のみ雨が降っているという惨事。

私は鉄道の知識がないので良くわからないのですが、しなの鉄道の車両もJR(下手すりゃ国鉄?)時代からそのままなんですかね。カラーリングとかも。

その日はいつもの山小屋でバーベキューで歓談。

走行距離:195km
総走行距離:13,208km

広告を非表示にする