Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

DR-Z400SM納車

ムルティとお別れしてまだ一週間もたってないですが

本日、会社をサボってDR-Z400SMの納車に行きました。
購入したのはレッドバロン練馬さん。今後ともよろしくお願いいたします!
納車後、とりあえず関越に乗って、鶴ヶ島から高麗川方向へ向かい、
国道299から正丸峠を抜けて名栗湖⇒青梅⇒東京と走ってきました。

さて、初期インプレ

と、いうわけでDR-Z400SMの初期インプレです。
基本的にMultistradaとの比較になります。
ポジション
超アップライト!ムルティよりも更にアップライトです。
アップ過ぎてメーターが全然視界に入りません。
また、ケツ痛対策に納車の時点でCOZYシートを入れているのですが、
おかげでシート高が895mmと凶悪な数字を叩き出しており、両足のつま先がようやく付く程度です。
私の体格(身長170cm・体重54kg)では跨ってもそれほどシートが沈まず、なかなか辛いです。
ですが、ムルティで散々慣れた&ムルティより60kgも軽いので、立ちゴケの心配はあまりしていません。
また、ニーグリップがムルティよりもし易いため、この点は高評価です。
エンジン
まだ慣らし中なので、5000rpm(ぐらい?タコメーターが無いので想像)しか回していませんが…
■低回転
弱いですね~。昔代車で乗ったCB400ボルドールと同じぐらいの感覚です。
一時期乗っていたDR250Sよりも無い感じがします。
DOHCエンジンなので、元々弱い&1速がハイギアードなためでしょうか。
慣らし中の信号ダッシュは軽自動車並みになりそうです。
■低~中回転
3000rpm(多分)あたりからのトルクはなかなかのものです。
4速5速でも「ダダダッ」と加速してくれます。
このあたりはかなりの好印象です。
■ギア比
DR-Zは5速なのですが、1速がハイギアードで5速が若干ロー気味な気がします。
何度も幻の6速に入れようとしてしまいました。
昔乗っていたTZR250R(3XV)にギア比が近い感じです。
コーナリング
これは秀逸です。リーンアウトでぐいぐい曲がっていきます。
ムルティではリアできっかけを作って「ドォリャ~!」と切り返すところを、何も考えずに体を傾けるだけで曲がります。
しかも安定感がすばらしい!狭い山道が最高に楽しくなります。
道が荒れていてもなんの不安も無く曲がれます。
ただ、超急カーブでハンドルをこじろうとすると、途端に曲がらなくなります。
このあたりはムルティよりシビアな感じがしました。
一般道
めちゃめちゃ軽いクラッチ(ムルティ比。まあドカの乾式でノーマルだったので)のおかげで、渋滞が苦になりません。
ただ、水温が上がってくると熱がかなり膝に上がってきます。
ムルティよりは少しマシって程度でした。
交差点を曲がるだけで楽しいですね。
高速道
慣らし中なので80km/hしか出してません。
この速度域ではきわめて快適です。
COZYシートにしたのですが、それでも3時間ぐらい走った辺りから尻が痛くなりました。
ただ、ムルティと違って、一旦バイクを降りれば尻の痛みは引きます。
※追記:翌日になって痛み出しました!
こりゃゲルザブあたりを導入しなければならないですね(リアにはつけています)。
と、いうわけで
納車一日目にやらかした出来事↓
・N芋2回
・エンスト3回
・リアフェンダーに早速キズを入れてしまいました。
・山の中のコーナーを抜けると、イノシシがこっちを凝視していた


走行距離:145km
広告を非表示にする