Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

ETCを取り付けました

2ヵ月半待った

2月の頭に注文した一体型ETCがようやく届きました。
注文した頃はまだ高速1000円も助成金も決まっていなかったのですが、決まった瞬間に流通在庫が日本中から消えたため、到着が今になったようです。
一体型の予約では順番待ち先頭だったのに…
ま、なんとかGWに間に合ってよかったです。

今回は上野のホンダウィング ラビーで取り付けしていただきました。こちらのお店はライコ等の量販店よりも用品が結構安いです。電車で行けるってのも大きいですね。

さて、ムルティへの取り付けですが、今回取り付けるのは一体型のため、結構スペースをとります。
また、ムルティはメーターの位置がハンドルよりもかなり高いため、ハンドルに取り付けようとするとかなり斜めになる&縦に長ーいステーを取り付けなければならないってのが予想されます。
また、電波を発信する途中に金属があるとアウトなため、取り付け位置はかなり難航すると思ってました。

んで、どこに装着したかというと…

メーターステーを利用して、メーターの上に配置してもらいました。
この位置なら電波も問題無く届き、結構自然にまとまっています。
メーターステーの形状の問題から、若干斜めになってしまいますが、まあ供応範囲です。
ハンドルに縦長のステーがくっつくよりははるかにマシです。

横から見るとこんな感じです。
ちなみにワイズギアのハンドル用ステーが見事メーターステーに取り付けできました。
ムルティに一体型を取り付けたい方は参考にされるとよいかと思います(スクリーンが低い初期型にはこの方法は使えませんが…)。
なお、ETCの蓋は完全に開きません。が、規定(35度?だったような)の範囲以上は開くので問題は無いです。

まだ高速に乗っていないので、実際に開くかどうかは確かめていません…
(お店で確認はしています)

ちなみに今、お店に100台以上の注文が入っていますが、来たETCは数台だそうで…


走行距離:21235km
広告を非表示にする