Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

GPR-300のインプレ

海岸沿い・山道を400kmほど走ったので、GPR-300のインプレをします。
なお、約11,000kmの純正BT-023との比較がメインです。

■特徴
・乗り心地が向上
 →ギャップを踏んだ時のショックが柔らかくなっています。
  これはGPR-300の特徴らしいです。
・直進安定性が高い
 →無入力でコーナーを曲がろうとすると反応が鈍いです。
  また、コーナーの立ち上がりで加速すると結構アンダーな印象があります。
コーナリング中の安定性がケタ違い
 →BT-023はリアに箱を乗っけないとコーナリング中の安定感が無く怖かったのですが、
  GPR-300は箱無しでもコーナリング中の安定感が素晴らしい!
  上記で直進安定性が高いと書きましたが、キッチリ入力してやると素直に曲がります。
  つまり、ダラダラ走りたいときは安定してくれて、
  しっかり曲がりたいときはキッチリ仕事をしてくれます。

■まとめ
・NC700Xはまったりツーリングはいいけど峠はイマイチだなぁ…って思ってましたが、
 原因はタイヤでした!
 まだ変えていない方はとっとと変えましょう!激変します!

走行距離:11,652km
広告を非表示にする