Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

Z250SLではじめてのツーリングとインプレ

やっとZ250SLでツーリングでけたんじゃ!

納車されて3週間。やっと代休が取れたので嫁さんに許可をいただきツーリングに行ってこれたからまともにインプレできるようになったでよ。

ルート的にはアレだ。まだZ250SLに乗ったばかりなので奥武蔵グリーンラインとか奥多摩周遊とかショートツーリングにすとこ…

あ、まだ車載カメラ装着してないから停車した時だけの写真しかないんだよなぁ…

f:id:zunda_yagy:20170616211505j:plain

ルート

いきなり高速に乗る

都心に住んでるんでまともなツーリングルートだと高速道路は不可避。なので関越でさくっと川越を目指す。

まだ慣らし中(慣らすとは言ってない)なので、7,000rpmを目途に急加速せずに高速を走ってみる。

高速のインプレ

大体80km/hだと5000rpmで走れ、この速度域なら振動が無い上にスクリーンの効果もあり快適に走れる。
ところが100km/hの6300rpm付近だと振動が激しくなり、手はそれほど気にならないがケツへの細かい振動には驚いた。が、GPS計測100km/h(メーター読みぬぬわkm/h)・7000rpmで走るとそれほど気にならない。
まあ燃費も考えたら80km/hでまったり走るのが一番ええんやろな…

ETCなんぞ着けてないので料金所からの加速を試す。
これは5000rpmで人間DCTシフトアップをかますと中々の加速をしてくれる。十分やん!
SAから出る時の加速車線を目一杯使った5000rpm加速だとなんとか80km/h出るので、そんなに回さなくても合流は可能。十分やな!

んで川越インターで即降りる。700円。

高麗神社参拝

高速降りたら通勤ラッシュに引っ掛かり渋滞を堪能する。

超軽い車体と足つきの良さで渋滞もそんなに辛くはないんだけど、ハンドルが低くて手首に体重が掛かってしまう。このポジションは高速走る分には丁度良いけど、一般道だと低いっすね…

予想外に時間が掛かりつつも高麗(こま)神社到着。

f:id:zunda_yagy:20170616213329j:plain

鳥居より前にでっかいモノが。これは韓国の守り神の「チャンスン」とか言うモノらしい。高麗神社は滅亡した高句麗の王族が祀られた神社なので韓国と縁が深い。

f:id:zunda_yagy:20170616213829j:plain

とは言え中は普通のデカめの神社なので交通安全お守りゲットして移動。

奥武蔵グリーンラインを走る

奥武蔵グリーンラインは東京から一番近い舗装林道群なので、とりあえず狭い道を堪能するなら一番なのだ。

高麗神社から奥武蔵グリーンラインに行く道は途中で通行止めラッシュで同じ地点を3回も通った挙句あきらめて鎌北湖回りで行くことになりました(半ギレ)

舗装林道を走ったインプレ

f:id:zunda_yagy:20170616214309j:plain

ギア比が微妙に合わないんだよなぁ…

大体舗装林道って急坂が多くて道狭い、コーナーも急なので30~40km/hしか出せないんだけど、そうなると2速か3速しか使えず、エンジンが唸る唸る。ノーマルマフラーなのに結構うるさい…

比較的平坦になる稜線まで出れば丁度良い感じではあるが、これは舗装林道楽しむならFスプロケを小さくしてギアをロングに振らないとダメかもなぁ…

ちなみにコーナー自体はクルクル回り、NC700Xより遥かに楽でござった。が、ハンドルはもうちょい高いほうがええやろなぁ。

顔振峠を抜けさっさと国道299へ降り、名栗~軍畑奥多摩へと移動。

奥多摩周遊道路を走る

奥多摩湖畔までの道のりは平日ということもありトラックの嵐で30~50km/hだったんだけど、5000rpmまではまったり走れる特性を持ってるZ250SLくんなのでイライラもせずに走れる。この特性は重要よ。大体の一般道ってこんな感じの速度域だからねぇ。

んで今日のツーリング折り返し地点の奥多摩周遊道路に到着。そのまま走る。

二車線峠道を走ったインプレ

速い速い速すぎるっピ(コーナリング速度が)!!!

なんやこれ…

5000rpm以下のまったりツーリングモードから一変。NC700Xの感覚だとオーバースピード気味に突っ込んでも曲がりすぎるのでパーシャルから早めスロットルガバ開けすると見事にコーナリングが決まって安定して走れる。

峠攻めてるSS兄貴たちに直線でブチ抜かれるが、ブレーキングがSS兄貴よりも遅くても丁度良く、コーナリングスピードはこちらが上であり、しかも立ち上がりも50mぐらいならパワーバンド入れれば着いていけるほどのパフォーマンスを発揮する。まあ100mもあればブチ抜かれるんですけどね。

たまげたなぁ…慣らし中(慣らすとは言ってない)でこれは凄い…

さっきまで一般道じゃ低い低い言ってたハンドルもむしろ高く感じるくらいで、コーナリング中もほっそいタイヤなのに凄く安定しているし、まさしく峠を走るのに最適なバイクやな…

ただ、ギア比の関係でバックトルクが半端ないのでZ250SLのパーシャル操作に慣れてないとかなりギクシャクする。これは練習せんとなぁ。

峠の下りはエンジンパワーを気にしなくて良いので無敵。下りコーナーが怖くない。下りコーナーでスロットルガバ開けとかTZR250R以来ですわ。しゅごい。

f:id:zunda_yagy:20170616221251j:plain

慣らし中だけどそこそこタイヤの端の方まで使ってるな。こりゃ慣らし終了後が楽しみだ。

おうちにかえる

と、まあ奥多摩周遊道路はもう一回走りたかったけど時間切れ。中央道から高速に乗って帰宅。

あ、274km走ったけどまだ給油ランプは点いてないので燃費はわかりまへん…

まとめ

Z250SLって一般道をまったり走れるコーナリングマシンすなぁ…

ハンドル高くしたいけど、過去にMultistradaで3回変えて結局純正が一番だったし、このまま行ってみるか…

あと、舗装林道が好きなので、それを考えるとマフラーは純正でええかな?規制緩和後だしノーマルでもそこそこの音量なんですわ。

 

今回の走行距離:236km

総走行距離:274km

広告を非表示にする