Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

PilotRoad2装着

さようならピレリ

先週、リアサス装着記念に軽く九十九里浜まで走ってきたのですが、サスが生き返ったのと冬場のせいなのか、コーナーの立ち上がりで面白いほどリアが滑ってくれたので、いい加減タイヤを交換したかったのでした。

で、今日、雨が午後になって止んだので、うちから近所のマッハにてミシュランのPilotRoad2を装着してきました。

今日は午前中雨だったのと、夕方でも路面がハーフウェットだったためか、待ち時間ナシで交換できました。
気になるお値段はコミコミで42,800円。外車+片持ちスウィングアームなので工賃がかかってしまいました。。。
しかし、昔TRXに乗っていた頃、某量販店でそんなに安くなかったにもかかわらずホイールがガリガリに削られたことがあったのですが(帰ってから気づいたので苦情も言えなかった・・・○ーシング○○ルドはもう絶対行かない!)、30分ほどで作業が終わったのですが実に丁寧に作業していただきました。

気になるインプレは、3kmしか走っていないのでなんともいえません。ただ、ギャップを踏んだときの乗り心地は断然良くなりました。

明日はまた千葉に走り収めをする予定なので、その後にインプレを致します。


走行距離:9234km



200km走ったインプレ

今日鴨川までさくっと走ってきたので、簡単なインプレを。


・走行時の安定感が格段にアップ!
→9000km走ったスコーピオンと比べるとミシュランの人に怒られそうですが、とにかく走りはじめから接地感が感じられ、しかもギャップを踏んだ時の跳ね返りも収束が早く、乗り心地が向上しました。
→コーナーでの接地感もアップしたため、皮むき中にもかかわらず勝手に曲がってくれる感覚を味わえました。
→これは関係が無いのかもしれませんが・・・今回200kmほど走りましたが、いつも走行後腰痛に襲われるのですが、今回は一切ありませんでした。


・タイヤの温まり速度はそこそこ
→昔のバイクで履いていたメッツラーのM1と比べると明らかに遅いです。今日も走行開始直後のコーナーでリアが「ぬめっ」という感じに滑りました。


・ウェット走行
スコーピオンよりウェットな路面でも安定しています。コーナーでトラクションを掛けて曲がっても何の問題もありませんでした。
→また、タイヤが乾くのが非常に速い。


・外乱に対する抵抗
→ウェット路面・低温・突風というコンディションでは、突風が吹いた瞬間にリアが滑りました。まあ、かなり悪条件なので仕方が無いかもしれませんが・・・


・倒しこみ
スコーピオンと比べ、倒しこみがワンテンポ遅いです。その代わり一気に深くまでバンクします。
スコーピオンに慣れてしまったので、少し練習が必要かも。。。
→ムルティオーナーの「べる」さんも書いていますが、パイロットロードは170にするとバンクが速くて良い感じ、というのが頷けます。
広告を非表示にする