Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

クラッチの清掃

クラッチの清掃

MultiStradaに乗って早10ヶ月。
走行距離も8400kmとだいぶ走りましたが、最近ちょっと回転上げ気味(3000rpmぐらい)でクラッチミートすると「キュッ!」という音がでるようになりました。
更に、信号待ちなどで乾クラの音を聞いていると昔に比べてこもった音になっているような・・・気がしたのでクラッチの簡易的な清掃をすることにしました。

■ザ・分解
というわけでクラッチの清掃作業です。
まずヘキサゴンレンチでカバーを外します。
ナットを外していくと・・・途中金属の削りカスがねじの奥から出てきました。う~んイタリアンクオリティ。
全部ナットを外してもカバーが取れないので、ゴムハンマーでポコポコ3回ほど叩いて外しました。

そしてカバーご開帳。
予想通りクラッチダストで真っ黒です。
パーツクリーナーでシュコシュコすると案外簡単にダストが落ちたので、クラッチ周りのオイル漏れなどはなさそうだったので一安心です。
パーツクリーナーとティッシュでふき取るとだいぶ綺麗になりました。

さて肝心の中身のほうです。
パソコン用エアーダスターでシュッシュします。最初一通り吹くと周りが粉塵が舞いまくって霞が漂っているような感じになりましたが、10分ほど続けているとようやくダストが出なくなりました。
ホントはエアコンプレッサがあればいいんでしょうが・・・PC用のエアーダスターは連続噴射ができない(気化熱で出力が弱くなる)ので、使いづらかったです。。。


■装着後

終了後エンジンを始動してみたところ、ニュートラル時の乾クラの音が乾いた音になり、昔に戻った気がします。
走行してみたところ、クラッチミートは滑る感覚がなくなり、切れ味が戻りました。
ただ、半クラのまま回転を上げるとまた「キュ!」という音が鳴るため、やっぱり一度完全にバラさないといけないみたいです。。。

ただ、今回のような簡易的な清掃でも5000km毎には行ったほうがいいみたいですね。


走行距離:8425km
広告を非表示にする