Materialz - ZUNDAとオートバイたちとの記録

(記事のカテゴリは記事の詳細ページに載っています)

人生とバイク。

ZUNDAとオートバイたちとの記録

尾瀬・檜枝岐ツーリング

ガソリン高騰万歳

一泊二日で福島県檜枝岐村に行ってまいりました。
しかもタンデムで!


初日。
東京から関越道で月夜野ICまで走り、そこから国道17号三国峠を通り南魚沼へ。
で、目指せ奥只見湖ということで国道(酷道)352号を延々と・・・
天気は曇りで、時折晴れ間が見える感じでした。むしろ走りやすいです。
国道352号は2006年にようやく2輪が通れるようになったのですが、さすがにすさまじい道です。
道の上に小川が流れているは、崖上ギリギリを走るのにガードレールはないといった、根性がないと走れない道です。まあ舗装されていますが。
しかし奥只見湖は素晴らしかった!雪も残っていました。
 もう数少ない原生林を舗装された道で行ける場所は少ないでしょう。
初日は檜枝岐を抜け、南会津町(旧舘岩村)は湯の花温泉の「いわなの宿 湯本屋」に宿泊。
名前の通り焼きイワナ・刺身がでました。ンマイ!


二日目。
朝寝坊してしまい6時起き。
朝飯を食べて尾瀬に向かいます。
天気は曇りですが、雲の割合が6割ぐらいなので、これは晴れ?でも気温が低くすごし易かったです。
9時に尾瀬の御池に到着。ここからはバスです。
 尾瀬は初めてだったのですが、やはり素晴らしい!風景だと思います。
日光が局所的に当たる風景が草原(湿地)に映えるさまは絶景といえるでしょう。
会津は入道雲と緑のコントラストで素晴らしかったのですが、会津西街道で帰ると霧・曇天でビミョーです。鬼怒川まで下ると霧雨です。もはや寒いです。
宇都宮まで下り、高速に乗ります。
3連休の最終日なので大渋滞を覚悟していたのですが、意外や意外、たいした渋滞も無く帰宅できました。
これもガソリン高騰のおかげでしょうか。でもハイオク196円(会津檜枝岐にて)がツライ!

2日間の走行距離:830km

というわけでインプレやっぱケツが痛いです。コンフォートシート必要ですね。
クラッチの泣きが激しくなってきたので、そろそろなんとかしないと。。。
しかし、Multistradaのタンデムツーリングの可容性を認識できました。
やっぱこのバイクツーリングでは最高です。


走行距離:15310km
広告を非表示にする